中小企業の海外進出支援について

中小企業の海外進出である場合には、資金力もあり組織力もある大手である大資本に比べて、その資金力も組織力も圧倒的に劣っていることから、大手の海外進出の場合とは異なって、その海外進出支援が不可欠のものとなります。

というのも、大資本の場合には、たとえある国への海外展開に失敗してしまい、大赤字を出してしまったような場合であっても、それだけで会社の経営基盤自体が揺らいでしまう、というようなことはまずありません。

ところが、これが中小企業である場合には、国内での従来の事業が不振であるために、社運を賭けての海外進出である場合も少なくないわけで、そのような場合に、もしもそこでの事業展開に失敗してしまえば、会社自体の経営破綻に陥ってしまう、ということにもなりかねないからです。

このために、そうした悲惨な結果を招かせないためには、海外進出支援というものが不可欠となってくるのです。

この海外進出支援の具体的なものとしては、進出先となる国の国情、その商習慣や法制度の違い、金融システムの違い、さらにはその国の社会習慣の違い、などといった国内とは異なっている諸々の物事についての認識を事前に持たせること、また、現地人の従業員を採用する際や、採用後の教育のあり方など、従来の国内ビジネスにはなかった不可欠なものを身の付けさせる、ということがその一番のポイントとなるわけです。

すなわち、大手とは違って失敗の許されない中小企業である場合には、こうした海外進出支援がなければ、大手のように自前でそうした問題点の克服を行うことが困難であるために、海外進出がその経営破綻となってしまう、という最悪の結果を招かないよう、この支援措置が不可欠なものとなっているのです。

海外進出支援と監査法人

海外進出を考えている個人や企業には様々な段階における乗り越えなければならない課題があるとされております。つまり進出しようと考えている国のビジネス環境に適応した対応が必要になるということを意味しているのですが、素人では難易度の高い作業であると言わざるを得ません。具体的には進出しようと考えている相手国の会計スタンダードにフィットした形式で財務情報をオープンにしなければならない点や、法的な規制であったり独自の税制に関する情報などの収集も重要でありますし、事業全体におけるリスクマネジメントなども含めて海外進出における情報のネットワークと専門的な知識の蓄積が必要であることは言うまでもありません。そのような場合におきましては、海外進出支援をおこなっております監査法人の活用は、大変有効な手段として様々な方面から評価を得ております。この海外進出支援を行っております監査法人は、大手企業の海外進出サポートを長年にわたって行ってきておりますので、様々な課題をクリアするためのプロフェッショナル集団としての評価も高く、有効な専門的情報をグローバルネットワークによりましてタイムリーに有しております。基本的な海外進出支援のためのアメリカ会計スタンダードや国際会計スタンダードに基づく財務諸表のアドバイスや、現地企業を買収する方法であったり、進出後に起こりえる諸問題の解決などに対しまして専門の監査法人を活用することは、多方面から推奨されております。

海外進出支援はコンサルタントを利用する

“もはや日本企業にとって、国内だけでビジネスをする時代は終わりました。日本はすでに十分豊かになり、モノもサービスも有り余る成熟社会となっています。これから、モノやサービスをどんどん消費者に提供してビジネスを拡大していくには、国内市場だけでは追いつかないのです。海外に目を向ければ、まだまだモノやサービスを必要としている国はたくさんあります。これからビジネスを拡大していこうと考えている企業は、海外進出を避けては通れないのです。しかし、企業が単独で外国でビジネスを行うのは非常に困難です。日本国内とは文化も考え方も異なる国々では、当然ながら求められるモノやサービスの内容が異なります。こうした外国の事情を理解するためには、海外進出支援を行うコンサルタントの存在が不可欠です。海外進出支援を行うコンサルタントは、その国の実情をよく把握しています。その国の人々はどういう家族形態で、どういう暮らしをしていて、どんなモノやサービスを必要としているのかを熟知しているので、彼らのアドバイスを活用すれば、その国の市場に最適なモノやサービスを提供することができるのです。どのような市場を相手にする場合でも、事前のマーケティングは欠かせません。市場の人口、男女比、年齢構成、所得水準などのデータを把握できなければ、その市場に適した商品をつくることはできません。海外進出支援を行う事業者を活用すれば、こうしたデータを簡単に入手できます。